こんな内容です

冷夏と予想された夏でしたが日照不足になるような冷夏にはならず、多少肌寒かったのですが、今年もわがまちは多方面で夏のイベントが開催されました。今月はそんな夏の思い出になったイベントを写真で振り返りました。題して「わがまち夏日記」もう秋風が吹く季節ですが夏の余韻に浸ってみてはどうでしょう。今回紹介しているのは歴史こそ浅くまだ第4回ですが、格安の浜値でウニなどが販売されるとあって大勢が並ぶ「重茂味まつり」、長根の真言宗寺院でお寺の本堂を開放して行った音楽イベント「長根寺オテライブ」、市内のライブハウスが企画した野外ライブイベント、観光協会などが主体となって行う毎年恒例の「さんま大漁祭」をはじめ宮古湾を横断する遠泳大会、マリンスポーツを満喫できる宮古湾ボート天国&ハーバーまつりを紹介しています

お寺再発見・オテライブ

オテライブは寺が古来より情報や文化の発信地であり、ひいては寺子屋などで学問の土台を作っていた背景から、葬式や追善供養の時だけ訪れるのではなく、もっと別な意味で寺に集い文化を謳歌しようと企画されました。折しも長根寺は江戸中期には老杉閣(ろうさんかく)として文人墨客が多数立ち寄った経緯もあり、書き損じの紙を供養する反故塚(ほごづか・宮古市指定文化財)などもあります。また、長根寺は宮古が生んだ世界的ジャズピアニスト・故・本田竹広氏の菩提寺でもあり音楽とも遠からず縁もある寺でもあります。同実行委員会と長根寺では今回のライブをステップにお寺を使った新たな企画を模索していきたいと意欲です。今後の動向にも注目です