こんな内容です

大相撲の本場所以外の地方で興業することを巡業と呼びます。そんな巡業の記録が宮古でも数多く残っています。それらを調べて見ると、現在のような相撲協会全体での巡業は昭和三十二年以降からで、それ以前は部屋単位、あるいは一門など複数の部屋が合同で巡業を行っていたようです。宮古は元小結・宮錦の故郷でもあり相撲との関わりは深かったようです。今月は十数年前に本誌で扱った相撲特集をリメイクしながら宮古の大相撲と巡業の歴史を
振り返ってみました。

宮古と近世の相撲巡業

宮古での巡業は、直近では平成13年8月12日の宮古場所が記憶に新しいわけですが、それ以前の戦前、戦後、この地域で巡業は盛んに行われていたようです。その巡業記録を見ると、明治44年(1911)10月18日に東京大角力の横綱梅ケ谷一行総勢180人が、北海道から三陸汽船で帰る途中、宮古に上陸し興業を行っておりこれが近世では一番古く、最初の巡業記録でもあります。力士たちの宿泊は当時の熊安旅館で、土俵は東旧館に作られ、勧進元は宮古の山田屋と、鍬ヶ崎の料亭玉川でした。この年は、近年にない豊作だったので、近在からの見物客で町中の旅館が満員になるほどの盛況だったと記録されます。その後、大正期には藤ノ川、若常陸、大阪相撲剣山一行が来宮し、その後は昭和に入って常の花、玉錦、清水川、男女ノ川らの巡業、戦後すぐには今もって相撲史を飾る大横綱の双葉山、前田川一行が、愛宕小学校で宮古場所を開いてます。郷土宮古が生んだ小結宮錦も、高砂一門で昭和26年(1951)と29年(1954)に巡業で故郷に錦を飾っている。29年に郷土入りした宮錦は宮古漁協から20万円の化粧回しを贈られています。