8 2011_01
こんな内容です
昭和モダニズムと大衆文化

太平洋戦争という大きな動乱期をまたぐ時代は軍国思想の中、物資も乏しく大衆文化は大きく衰退しました。そんな時代、浅草の一座へ飛び込み後に喜劇役者・只野凡児と結婚し帰郷し晩年はキャバレー美鈴を経営する鈴木トミ子氏。また、戦後の経済低迷期に大手レコード会社のオーディションに合格し歌手への夢を膨らましながらも断念し宮古へ戻り、アマチュア楽団を率いて宮古の歌謡界で活躍した野沢孝一氏、偶然にも作詞作曲した曲が大御所星野哲郎の目に止まり、親交を深め後に星野哲郎の詞で作曲しレコードを出した田中敏夫氏。彼らの人生とその道程はそれぞれ別々のドラマがあるが大衆文化を追った夢の軌跡は共通していたのではないでしょうか。今月は戦後における宮古の大衆文化の基礎となった人々の足跡をたどってみました

星野哲郎の作詞「ひかげ者」でメジャーデビュー田中敏夫

地方における作曲家、大衆音楽の活動を行っていた一人に故田中敏夫がいました。田中は昭和41年(1966)に、クラウンレコードから発売されダニー飯田とパラダイスキングが歌った「ひかげ者」を作曲した人物としても有名。その曲の作詞は演歌作詞家の第一人者として数え切れないヒット曲を持つ故星野哲郎。一地方の音楽愛好家が、大御所である星野哲郎に認められるほどその音楽性は高いものでした。田中は昭和4年(1929)に鍬ヶ崎に生まれ、小さいころ自宅にあったヴァイオリンに興味を持ち、市内のヴァイオリン教室に通ったのが、音楽との出会いでした。戦争で徴兵され中島飛行場で終戦を迎え郷里に戻ってからは菓子職人として独立。のちに廃業し知人の誘いもあってベニヤ工場(足立ベニヤ・刈屋)に勤務します。。ここでは働く人も多く福利厚生としての音楽活動も活発でした。田中は久しぶりに音楽に出会えたことから水を得た魚のようにブラスバンドを作ったり、演奏活動で県内をまわりながら作曲活動も精力的に行っていました。「ひかげ者」は昭和30年代後半に作った曲で、宮古出身の歌手・下沢四郎氏に歌わせるために作ったもの。当時、下沢氏が熱海のクラブでこの歌を歌っていた時、星野哲郎が偶然この店に来ており「いい歌だ。誰が作ったか教えてほしい」と話したのが田中と星野哲郎をつなぐ接点となりました