4 2017_04

下のボタンをクリック、またはタップすれば今月号のメイン記事を閲覧できます

特集‥貽本大震災忘れない わたしの6年あなたの6年

東日本大震災から6年目の春を迎えた。私たちも歳を重ね、復旧復興の時間は人それぞれに流れた。2013年10月、宮古市立河南中学校で一つの復興ソングが誕生した。震災からの復興と、支援への感謝を込めて生徒自らが作詩作曲を手掛けたものだ。それには明るい未来への希望など、全校生徒の想いが込められている。その歌は年々後輩たちに歌い継がれている。あれからの6年はまだ短い時間だが、ふるさとの今は少しずつでも動き出している。忘れない、わたしの6年、あなたの6年。

特集内容より…特集Field Report
特集Field Report 神楽森・米山薬師神社奥宮薬水探訪記

眼の病気を患っていた木こりは山々の峰で仕事を終え、ここ米山の湧き水で眼を洗った。これを数回繰り返したところ、木こりの眼は治癒し元のように仕事ができるようになったという。この湧き水こそが米山薬師奥宮の薬水で、古来より多くの人がこの深山幽谷の中にある社を参拝し御利益を得たという。そんな逸話を内包した米山薬師神社であったが昭和36年の三陸フェーン火災の山火事によって跡形もなく焼失した。その後社は米山集落へ里宮として遷宮、現在は奥宮へ詣でる人はほとんど無いという。今回は神社別当の案内で里宮内部と神楽森山腹にある奥宮を探訪した。