みやこべんどっとこむ マイページ  カートを見る  レジに進む  
  トップ » カタログ » おすすめセレクション » mw346 マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む   
選んでくたせんせ
01わが町バックナンバー-> (357)
02わが町定期購読申込み (1)
うにまるCD (1)
おすすめセレクション-> (12)
  宮古の中世考察
  三閉伊一揆
  幕末維新と宮古
  歴史編
わがまち中世探訪 (1)
復興応援シール (1)
別冊みやこわが町 (1)
別冊東日本大震災 (1)
鍬ヶ崎芸者セット (1)
なんだりあれんす
こんなの、なぁど 全商品表示
2018年/09月号/No477<br>宮古と北方異聞物語
2018年/09月号/No477
宮古と北方異聞物語

510円(税込)
なんだり探すぺす
 
キーワードを入力して商品を探せます
詳細検索
ご案内せんす
ご利用方法
お支払について
配送・返品について
プライバシーについて
法律に基づく表記
おらほの会社
総額表示について
なんだり聞いでけで
メールでおづげぇ
メルマガの購読・解除
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
02
03
04
04
04
04
2007年/08月号/No346
特集・宝暦ルネッサンス
商品番号:mw346
販売価格:370円 (税込)
ポイント:3P
 
個数:    
特集タイトル

鞭牛、子績、常爾、宝暦ルネッサンス

特集内容
宮古へ戻った高橋子績、近江商人でありのちに書家として活躍する駒井常爾、半生を難所開削と道路工事に捧げた宗教家牧庵鞭牛。この三人は同時代の12年間を宮古で共有しており、接触していた可能性もあります

同時代にいた三人の思想家
延享、宝暦、明和はどんな時代だったのか
多くの古文書を残した宮古の漢学者・高橋子績
宮古へ戻った子績の執筆活動
鍬ヶ崎の近藤茂左衛門による神社復興
父の死後、宮古に下った近江商人・駒井常爾
神歌碑と駒井常爾の周辺
横山八幡宮に伝わる神歌の源流を探す
横山八幡宮手水石と駒井常爾
宝暦の宗教家、牧庵鞭牛と道路開発
道路普請に関係する鞭牛の年表
笛吹峠にひっそりと佇む古刹

トピック

フォト・宮古水軍の熱き戦い

レギュラー連載

ふるさと人夢紀行・宮古商業高校レスリング部/石碑巡礼/新・アクティブレンジャーリレー通信/夢のつづきに・伊藤洋/誌面英語塾・佐香武彦/弁慶の七つ道具2・高橋政彦/回顧・駒井雅三の世界・作詞物語/宮古市における近江商人に学ぶ商業教育・西谷成昭/新鉄道シリーズ・山田線・岩泉線・冨手淳/ごらく的宮古の歩き方・木村彩子//ビリヤードエッセイ・香月学/帰ってきた新名物発見MX・冷麺デスノートby鬼ごろし/らくがき町/方言は文化だ!クイズ宮古弁/他



この商品は 2009年2月20日 金曜日 にカタログに登録されました。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています
2008年/08月号/No358<br>特集/払川舘落城
2008年/08月号/No358
特集/払川舘落城
2006年/04月号/No330<br>特集・閉伊氏残照わがまち中世シリーズ01
2006年/04月号/No330
特集・閉伊氏残照わがまち中世シリーズ01
2003年/09月号/No299<br>特集・黒森神社と宮古の南北朝時代
2003年/09月号/No299
特集・黒森神社と宮古の南北朝時代
2006年/06月号/No332<br>特集・千徳氏残照わがまち中世シリーズ02
2006年/06月号/No332
特集・千徳氏残照わがまち中世シリーズ02
2005年/04月号/No318<br>特集・伝説と義経の謎
2005年/04月号/No318
特集・伝説と義経の謎
2005年/09月号/No323<br>特集・南部藩近世異人船騒動記と異国漂流史
2005年/09月号/No323
特集・南部藩近世異人船騒動記と異国漂流史
ショッピングカート 全商品表示
カートは空でごぜんす...
カテゴリー情報
01歴史探訪
01歴史探訪 ホームページ
その他の商品
E-Mailでお知らせ 全商品表示
お知らせの設定2007年/08月号/No346
特集・宝暦ルネッサンス
の最新情報を知らせて!
友達さおせーる
 
この商品のURLを友達さおせーる
レビュー 全商品表示
レビューを書くこの号についで何が書がなごぜんすっか?

宮古弁どっとこむ
月刊みやこわが町

banner_08.gif